MASAKAZU ENDO

HOME > 企業情報 > ロングライフホールディング株式会社 代表取締役社長 遠藤正一

「お陰様で第35期を迎えました」

ロングライフホールディング株式会社 代表取締役社長 遠藤 正一

ロングライフホールディングは、11月に第35期を迎えました。

これまでの様々なご支援とご指導に、心より感謝申し上げます。

1986年 21世紀の超高齢社会に向けた民間介護サービス会社を設立し、一台の訪問入浴車での入浴サービス事業からスタートしました。1990年  有料老人ホーム「ロングライフ長居公園 1号館」を開設。その後、2002年 高齢者ケアの分野で日本初の株式上場をさせていただきました。2010年 海外進出にて、中国における合弁会社を設立。続いてインドネシア、韓国と、国外へのサービス提供の幅を広げさせていただいて参りました。

 そして、2015年 多くの重荷やストレスを抱えておられる現代人に時々大自然の別荘に暮らすという新たなライフスタイルをご提案するリゾートホテルを展開して参りました。

第35期 この新たな節目に立ち、もう一度、ロングライフグループの存在の意味を考え、経営者一同、緊張の思いでおります。

現代社会は、愛する喜びを枯れさせる多くの要因があると言われます。

そのような中にあって、ロングライフグループの社会に於ける役割と責任を胸に、会社存在の目的を果敢に追い求める第35期と致します。

そして、上場企業である限り結果となるお約束した売上・利益を追求すべくあらゆる企業努力を致します事を、重ねてお誓い申し上げます。

 

大切なのは、

どれだけ多くの事をしたかではなく、

それをするのに、

どれだけ多くの愛をこめたかです。

 

大切なのは、

どれだけ多くを与えたかではなく、

それを与えることに、

どれだけ愛をこめたかです。

~ マザー・テレサ ~

 

皆様にご信頼いただき、社員が幸せに働く事ができる素晴らしい会社を、

今後も目指して参ります。

ロングライフホールディング株式会社
専務取締役
桜井ひろみ